toggle

ネットカジノをやると捕まるの?

ネットカジノをやると捕まるという噂がありますが、それは事実ではありません。日本の刑法では賭博罪と常習賭博罪という罪が定められているので、店舗ではもちろん、インターネット上でカジノをプレイしたら捕まります。ただし、賭博罪や常習賭博罪はお金をかけなければ成立しないので、リアルマネーをかけないカジノならば問題はありません。日本のサイトでもお金をかけないものや、現実の通貨ではなくインターネット上だけで使えるポイントをもらえるようなカジノならばあります。
電子マネーなどに交換できるポイントがお金にあたるかどうかという問題もあります。現在のところは、電子マネーなどは使用期限などが定められており、ショッピングなど特定の目的にしか使えないので、お金にはあたらず、賭博罪は成立しないようです。
日本でもお金をかけなかったり、ポイントをかけることができるカジノならば存在しています。しかし、リアルマネーをかけたネットカジノは基本的に存在していません。リアルマネーをかけてしまうと賭博罪や常習賭博罪にあたり、捕まるからです。ネットカジノを運営している会社だけでなく、そこでプレイしている人も捕まる可能性があります。
しかし、インターネットでネットカジノを遊んでいる人の多くは刑法には違反していません。それはなぜかというと、海外のサイトを利用しているという理由が大きいでしょう。海外にサーバーがおかれている場合には、海外の法律が適用されるようです。海外にサーバーがおかれていても、国内でカジノをプレイしていたら違法になるという法律がある国もあるようですが、日本では現在のところは、そのような法律はありません。
日本では、日本の住所でネットカジノをプレイしていても、サーバーが海外にあるならば違法とはならないようです。将来的にはネットカジノ自体を違法とする法律ができる可能性はあります。しかし、現在のところは違法とはなっていないので、安心してプレイをして大丈夫です。
まとめると、ネットカジノをプレイしても、リアルマネーをかけていないか、もしくはサーバーが海外にあるならば違法ではありません。しかし、積極的に法律によって認められている行為ではないので、法律による保護は十分ではないと考えておきましょう。もしもトラブルがあっても、運営している会社が海外にある場合には、請求をしたり、裁判をやるためのハードルはとても高いです。弁護士費用なども高額になるでしょう。しっかりと安全性の高いサイトであることを検証しておきましょう。