toggle

ネットカジノで逮捕者が出たのは本当?

2016年に逮捕者が出たオンラインカジノの事件
英国にサーバーがあるオンラインカジノがあります。他のカジノと比較しても何ら問題がないように見えます。海外にサーバーがあれば、サーバーが設置されている国や地域の法律に従う必要があるので、日本国内で罰することはできません。しかし昨年、逮捕者が出たという事例があります。この逮捕には一般のオンラインカジノとは少し違う事情があったようです。まず日本国内に拠点があり、そのネットカジノの運営を直接行っていたという点です。
海外に拠点がありそこで運営されているなら罰せられませんが、この逮捕が出た案件はカジノ自体日本で運営して経理も行っていたということです。事実上国内で運営していたということで賭博法に抵触したというのが理由のようです。

決め手は運営を日本国内で行っていたこと
このカジノはサイトでは海外で運営しているというようなことを表示していましたが、実際にウェブサイトも経理も日本国内で行っていました。実態はサーバーだけが海外にあり、運営はほぼ国内にあったということです。今回逮捕ということになったことで、オンラインカジノで楽しく遊んでいた方は非常に不安を感じたはずです。
しかし通常のカジノサイトはすべて海外で合法的に運営されているものばかりです。日本で一般の方が楽しんでいるカジノは例えば香港やシンガポール、米国でリアルなカジノで遊んでいるのと一緒です。カジノのある国は政府がカジノ運営を許諾しているところも多く、良質なカジノはライセンスを持っています。試しにネットカジノのライセンスを確認してください。ライセンスがあるはずです。

国内に拠点があるのは賭博法違反になる
覚えておいていただきたいのは、国内で運用しているネットカジノは違法になります。先ほどもお伝えしたように、たとえサーバーが海外にあったとしても運営自体が日本にあれば違法になります。一般的に優良だと言われているネットカジノは海外で賭場が開かれ、運用されているものばかりです。2016年の事件は、日本のカジノだと知らずにプレイしていた方は対象になっていないようです。ただし運営側のディラーや運営者に関しては違法ということで罰せられています。ただし逮捕と有罪は別者です。例え逮捕されたとしても裁判で決着をつけて白黒はっきりさせるということもあります。数名逮捕されて、1人は不起訴になりました。
いずれにしてもカジノも競馬やパチンコと同様に合法的な環境を整える準備ができないと、国内運営は参加できないということだけはわかった事件でした。
オンカジ情報最新のおススメはこちら「パリジャンマカオカジノホテル