toggle

ネットカジノは日本だと賭博罪にあたる可能性

ネットカジノは、外国においては合法である国も多いです。しかし、日本では違法です。賭博自体が禁止されていて、日本で合法的に運営できる賭博は、特別法によって許されている公営ギャンブルだけです。それ以外は、運営をすると賭博開帳図利罪にあたりますし、参加をした場合は賭博罪にあたります。そのため、ネットカジノは日本で運営することができません。
ただし、諸外国で合法的に運営されているネットカジノに参加をする分においては、特に罪に問われることがないのが現状です。これは、外国で合法的に運営されているという点と、サーバーは外国にある点が強く影響していると考えられます。ただし、実質的に日本人が日本人向けに海外のネットカジノを運営してプレイさせていたという事例においては、摘発された事例があります。
オンカジ情報最新のおススメはこちら「オカダマニラベイリゾーツカジノホテル(フィリピン)

摘発されるかどうかについては、警察のさじ加減によって変わってきます。以前、外国の運営主体が運営していて、日本の業者が送金を行っていたという事例において、送金業者が実質的に運営者であると見られて摘発され、客も逮捕されたという事例があります。これにおいては、客側の一部が争って不起訴になっています。このように、現行法が改正されていなくても、法の解釈次第でどのようになるかわからないというのが、日本で海外のネットカジノに参加した場合の結論です。基本的には逮捕されることはありませんが、日本の業者が運営に関与したケースで摘発されることが多いです。そのため、もしやるのであれば自己責任でありますが、外国の業者が運営しており、日本人がかかわっていない所に参加するのが賢いといえるでしょう。

日本では、ネットカジノがありませんが、海外の合法的に運営されているところの中には、日本語対応になっているところもあります。つまり、ゲーム画面が日本語になっていて、日本語以外の言語がわからない場合であっても遊ぶことができます。そのため、もし遊ぶのであれば、こういったネットカジノを利用すると、言葉の壁という、ゲーム本来とは異なる壁にぶつかることはなくなります。日本語対応しているところも、大手であれば確実に運営主体は日本ではありませんから、プレイをしたことによって摘発されてしまう可能性は低いです。また、きちんとした運営主体によって運営されているネットカジノであれば、入金したお金が払い戻されないということはありませんし、配当率もきちんとしていて、いかさまなどはありません。